コミュニケーションの取り方に関して他の国の友人からたまに相談されること

雑記

私には非常に仲良いある国の友人がいて、縁が出来た当初から様々なことで驚かされました。ある時友人が日本人の恋人とのコミュニケーションの仕方に悩んでおり相談に乗った時の話です。国が変わるとコミュケーションの取り方が随分違うものだと実感させられました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ある国の友人

私には非常に仲が良いある国の友人がいます。今は日本を離れてしまいましたが、日本にいた頃は毎週のように遊んでいました。時にはイベントなどで一緒にその国の特産の料理を販売をしたりしていました。友人の仲間や家族も非常に暖かく本当に良くしてもらい今でも感謝しています。

友人は警戒心の強い所もありますが、一度仲間と認めた人には心を開いてくれる感じがします。私が紹介した友人たちとも仲良くしてくれて笑顔が絶えませんでした。駅のホームから落ちた人を救ったりしたこともあったりと、何かと頼もしい側面のある友人です。

日本人とのメッセージのやり取りで悩んでいた

その友人だけに限らず日本人とメッセージをやり取りすることに悩んでいると、他の国の人から相談を受けたことは何度かありました。その悩みとはメッセージの頻度に関してです。人や国によるかもしれないし、たまたまそのような悩みを持つ人と縁が、個人的に多かったのか分かりません。どうも日本人とメッセージのやり取りをするとなかなか返信がこないことに悩みを持つ人が多い印象があります。

私自身との間でも友人は非常にメッセージのレスポンスが早くエンドレスで連絡のやりとりが続くことが多かったです。そして知り合ってから2,3日してから、友人は恋人とのコミュニケーションの悩みを打ち明けてくれました。恋人がすぐに返信を返してくれないことがどうしても理解出来なく、恋人の愛情が薄いのではないかと疑問を持っていました。

頻度の多寡が絆の深さではない

日本では人にもよりますが、そこまで頻繁にメッセージすることを好まない人も多いことを告げました。仮に好意を頂いていたとしても、そこまで連絡を頻繁に取らないことは日本人のコミュニケーションでは珍しいことではないことを伝えました。私自体も特に頻繁に人にメッセージをするタイプではなく、このようにやり取りするのは特別だと言いました。

それはスペシャルな間柄だからという意味ではなく、私には絆の深い友人が他にもいるけれども通常はこのように頻繁にやり取りすることはないこともないことも多いと伝えました。中には半年に一度会うか会わないような友人もおり、会って話したいと言われれば出来る限り時間を作って会うような関係もあるとも言いました。

実際どちらが正しいコミュニケーションの在り方というわけではなく、各々にしっくりくることが大事だとは思います。ただそれから友人は徐々にそのようなコミュニケーションの取り方に慣れてきたようです。私に対してもメッセージの頻度が減りましたが関係は変わらず良好と言えます。

頻繁にメッセージしてくれるタイプは写メ好き?

余談ですがまたそのようなタイプの人は不思議と男女問わず自身の写メを送ってきたり、こちらの写メを送って欲しいリクエストしてくる人が多い印象を受けます。かといってストーカーのようなタイプではなく、話せばわかる人も多い気がしました。多くの主張はするけれどきちんと相手の考えを尊重していくれる印象を受けます。

友人の国ではデート時に友達が同行

その時の会話で恋人との在り方まで会話が派生していき非常に興味深いことを聞きました。どうやら恋人とデートする時にも、友人の国では友達が同行することが珍しいことではないらしいです。仮に相手と初めてのデートで相手が一人であっても、同行することがあると言っていました。

非常に若い人々の場合はあるかもしれないけど、日本では一般的にはあまりないコミュケーションの取り方かもしれないと伝えました。ただ日本とは違い友人の国では結婚するまで純潔であるという点からも、そこまで二人っきりになることを意識することはないのかもしれません。

コミュケーションの在り方は当事者次第

友人の言ではいつも恋人に譲歩しているとは言ってはいましたが、基本的には幸せそうにいつも恋人のことを話していたため、上手くいっているように見えました。ただある事があり友人は現在日本にはいることが出来なくなりましたが、それまで喧嘩しながらも良いお付き合いをしていたようです。

コミュケーションの仕方を巡りどうしても譲れないものがありストレスの比重が高いようなら別れを選んだ方が良いかもしれません。ただ歩み寄ってそれ以上に大事なことを得られそうならば、さらにもう少し様子を見ることも良いとは思います。

昔は私自身もアポなしで行き当たりばったりで、突然人の家に訪問して遊びに行くことは多くありましたが、いつしかそういうこともしなくなったなと感じます。今は電話すらまずメールで確認してから掛ける場合もあるし、私自身もそっちの方が好む場合も多いです。今はぶらりと外に出て偶然人に会って遊ぶというスタイルが私は好きなのですが、それは子供の頃と現在のコミュケーションの取り方の願望を満たす行為なのかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました